巨人・原監督 岡本は「大砲がボーン!って」メルセデスは「素晴らしい投手」と終始笑顔

[ 2019年4月3日 21:21 ]

<巨・神>阪神に連勝しナインを出迎える原監督(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 巨人が阪神との伝統の一戦を制して4連勝。原監督は「打球そのものも非常に素晴らしかったですね」と3回に飛び出した丸の2戦連発となる先制3ランを手放しで喜んだ。

 そして、丸との2者連続アーチで今季1号となった岡本の一発には「らしいというかね。大砲がボーン!っていったような感じでね。乗っていってくれるといいですね」とバックスクリーン右へ叩き込んだ当たりに笑顔を見せた。

 先発のメルセデスは7回まで散発3安打無失点と圧巻の投球。8回に5安打を集中されて3点を失い完封も完投も逃したが、指揮官は「テンポのいい、久々にけれんみのないといいましょうかね。素晴らしい投手ですね」と高評価だった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年4月3日のニュース