ヤクルト 西浦、必死のV打 遊撃スタメン奪い返し結果

[ 2019年4月3日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト5―2DeNA ( 2019年4月2日    神宮 )

<ヤ・D>8回1死満塁、西浦が勝ち越しの2点二塁打を放ちガッツポーズ(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは西浦が同点の8回1死満塁からスライダーを左中間に運び、2走者を迎え入れた。昨季後半に遊撃の定位置をつかんだが、開幕スタメンは広岡に譲り「結果を出して取り返す気持ちしかなかった」。3月31日の阪神戦(京セラドーム)で先発を奪い返し、決勝打につなげた。

 ▼ヤクルト村上(5回に今季初安打となる中越え二塁打)自分の安打もうれしいがチームの勝利が一番うれしかった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年4月3日のニュース