東邦・森田監督の「やればええがや」で復活 アップ用ダンスがV呼んだ?

[ 2019年4月3日 20:30 ]

第91回選抜高校野球大会 決勝   東邦6―0習志野 ( 2019年4月3日    甲子園 )

<東邦・習志野>胴上げされる東邦・森田監督(撮影・成瀬 徹) 
Photo By スポニチ

 平成最初と最後のセンバツ覇者となった東邦。昨秋、新チーム発足時からアップでダンスを取り入れていた。

 E―girls「ごめんなさいのKissing You」などアップテンポな曲に合わせて踊るものでナインからは「楽しい。練習前に眠かったり、寒くて固まった体も温まる」と評判だった。

 このダンス、歴代受け継がれているもの。今の3年生が1年生の時に先輩から振りを教えてもらってやっていたが、しばらくやらなかった期間があったという。しかし昨秋、石川主将や主軸の熊田が「やりたいです」と森田監督に相談したところ「やればええがや」とゴーサインが出たため復活させたという。

 きつい練習にも耐えながら、アップでは全員ノリノリで踊っていたとか。そのメリハリが30年ぶりVを呼んだかもしれない。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年4月3日のニュース