楽天・辛島 極寒の中で熱投7回零封 大雪で22分間中断も動じず今季初勝利

[ 2019年4月3日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天3-1日本ハム ( 2019年4月2日    楽天生命パーク宮城 )

雪が舞う中、7回無失点に抑えた先発・辛島(撮影・大塚 徹)                                                                                                                                                      
Photo By スポニチ

 雪中の熱投で楽天・辛島がチームを3連勝に導いた。午後4時の試合開始時は気温2・8度。4時11分から22分間は降雪で試合が中断したが、辛島は7回3安打無失点に封じた。「寒いなりに何とかしのげた。大変だったけど、集中力を切らずに投げられた」。オフの自主トレをともにする則本昂が右肘手術の影響で長期離脱。「復帰するまで、僕らが頑張っていきたい」と、同学年の仲間の抜けた穴を埋めようという決意が垣間見えた。

 ≪22分間中断≫楽天―日本ハム戦が激しい降雪のため初回裏1死後に22分間中断した。この日は雪が弱まり再開、試合は成立したが、過去には88年4月8日の西武―南海戦(西武)と、01年3月31日のロッテ―オリックス戦(千葉マリン)が雪のため試合中止になっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月3日のニュース