習志野・飯塚、気迫援護&追加点口火打!「ホッとした」

[ 2019年4月3日 05:30 ]

第91回選抜高校野球準決勝   習志野6―4明豊 ( 2019年4月2日    甲子園 )

この日も好救援を見せた習志野・飯塚(撮影・北條 貴史) 
Photo By スポニチ

 7回から登板した習志野のエース飯塚は8回に1点を失い、連続無失点は18回でストップ。それでもリードを守り抜き「ホッとした。自分の投球は貫いた」と胸を張った。

 準々決勝で打球を左膝に受けたが「全く問題なかった」。打っては8回桜井の決勝ソロに続き2死から左中間二塁打を放って追加点の口火を切った。悲願の優勝まであと一つ。「決勝ということは意識しないで投げたい」と腕をぶした。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月3日のニュース