ヤクルト・雄平 サヨナラ勝利呼ぶ同点1号3ラン!「飛びました。ビックリしました」

[ 2019年4月3日 21:36 ]

セ・リーグ   ヤクルト5―4DeNA ( 2019年4月3日    神宮 )

同点3ランを放った雄平はお立ち台でつば九郎と笑顔(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは、3点を追う8回、1死二、三塁で雄平がライトスタンド中段へ1号3ランで同点にすると9回1死満塁で押し出しサヨナラ勝利でチームは3連勝とした。

 
 雄平は同点3ランについて「飛びました。ビックリしました」と語り、続けてどんな気持ちに打席に入ったか聞かれると「あの打席の前までにチャンスをたくさん潰していたので、『絶対打つ』っていう強い気持ちで打席に立ちました」と話した。

 ホームランを狙っていたのか聞かれると「僕はホームランは狙えないので繋ぐ気持ちでした」と苦笑いしながら続けて「力んでいたのでコンパクトに打つことを意識していました」と語った。

 ヤクルトは昨日に続き2試合連続で終盤での逆転勝利。良い試合が出来ていることについて聞かれると「全員の力で勝っているような感じがします。ベンチの中でもみんな声を出して『絶対に負けない』って気持ちで戦っています。それが良い結果になっていると思います」と話した。

 今シーズンの目標は「ピッチャーも凄く頑張ってくれていて、僕はちょっと打てないことが多いんですけどもっともっとチームに貢献できるように僕自身も頑張りたいと思います」と力強く語った。

 最後に「寒い中熱い応援をありがとうございました。そのおかげで打てました!ありがとうございました」とファンへ改めて感謝のメッセージを送った。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年4月3日のニュース