西武・森 満塁男だ4打点!2イニング連続適時打でチーム初勝利けん引

[ 2019年4月3日 05:30 ]

パ・リーグ   西武7ー4ロッテ ( 2019年4月2日    メットライフD )

6回2死満塁、左適時二塁打を放つ森(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 満塁、また満塁。西武・森が開幕3連敗を喫していたチームを救った。3―0の5回無死満塁から右前に2点打。続く6回にも2死満塁から左翼線2点二塁打を放った。2イニング連続となる満塁の絶好機で結果を出し「(6回は)点を取られた後だったのでうれしかった」。2安打4打点。強打の捕手のバットで、昨季リーグVの獅子がようやく目覚めた。

 どちらの場面も、前の打者の4番・山川が四死球で歩いた直後。「気持ちは入りますね」と闘志に火が付いた。山川が4戦3発と好調なだけに「今日に限らず、自分が勝負する場面は増えると思う。何とか食らいついていきたい」と力強い。辻監督も「山川の後に森がいると相手も警戒してくる。その後を打つ森は重要になる」と、4、5番の並びの重要性を改めて口にした。

 昨季は満塁機で19打数7安打の打率・368、3本塁打、25打点を誇った「満塁男」。捕手としては来日初登板のニールを好リードした。2回2死満塁では、1番・藤原に対して2球続けて低めの変化球のサイン。テンポ良く追い込み、最後は3球勝負を選択して145キロツーシームで空振り三振に封じた。破壊力満点のバットとともに、大阪桐蔭の後輩に貫禄を見せつけた。

 開幕4試合目にして今季初勝利。山川がいて、森がいる。獅子おどし打線が、ここから本領を発揮していく。(武本 万里絵)

 ≪驚異の満塁打率≫森(西)が5回右安打、6回左翼線二塁打といずれも満塁の場面で2点適時打。これで今季満塁機に3打数2安打4打点。通算でも48打数19安打(打率・396)、4本塁打、58打点と荒稼ぎしている。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年4月3日のニュース