中日 代打阿部がV2点打、与田監督も称賛「執念感じた」

[ 2019年4月3日 05:30 ]

セ・リーグ   中日7-4広島 ( 2019年4月2日    ナゴヤD )

<中・広>8回、阿部は勝ち越しとなる中前2点適時打を放ち、雄叫びを上げガッツポーズ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日・阿部が代打で決勝打を放った。4―4の8回1死満塁で中前に勝ち越しの2点打。二塁ベース上でガッツポーズを繰り返し「最高です!落ちてくれと願いながら必死に走った。ほとんど覚えていない」と興奮気味に話した。

 フランスアの150キロを超す直球に差し込まれ4球ファウルが続くなど「前に飛んでくれなくてどうしようと思った」と苦笑い。それでも最後は9球目の内角153キロを「とりあえず当たれ」とバットを折られながら殊勲打にした。

 一関一、明大、Hondaを経て15年ドラフト5位で入団。長打力が武器だが、二塁のポジション争いに敗れ昨季はプロ入り最少18試合にとどまった。危機感を抱き迎えた今季。春季キャンプから「太い方が細いバットより当たるし、モヤとか外国人選手にも薦められた」と従来より、バットの先端が太いDeNA・筒香モデルに変更した。

 その上で900グラム前後のバットが主流の中、「重い方がしっかり振れる」と930グラムのものを使用。「詰まっても太い方が飛ぶ」と、決勝打も詰まりながら力強いスイングで外野まで飛ばし「バットのおかげですね」と感謝した。

 プロ4年目の今季は春季キャンプからアピールを続け、初の開幕1軍、開幕スタメンをゲットした。だが、内野は堂上、京田らライバルがひしめき、3戦目からベンチスタートに。この日も先発出場はならなかったが「出たところでしっかり結果を残せるよう準備していきたい」と少ないチャンスをものにした。

 シーソーゲームを制し、本拠地開幕戦を勝利で飾った与田監督は「疲れましたね。終盤、よくひっくり返してくれた」とかすれた声で興奮しながら喜び、決勝打の阿部を「執念を感じた。キャンプからしっかり準備してきた。自信にしてもらいたい」と称賛した。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年4月3日のニュース