DeNAサヨナラ負け パットン連夜の大乱調 ラミレス監督「どう対応するか考えたい」

[ 2019年4月3日 21:31 ]

セ・リーグ   DeNA4―5ヤクルト ( 2019年4月3日    神宮 )

<ヤ・D>8回1死二、三塁、雄平に右越え同点3ランを浴びたパットンはグラブを叩き付け悔しがる(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 DeNAはサヨナラ負けで2連敗を喫した。

 8回に登板したセットアッパーのパットンが連日の球援失敗。先発の浜口は6回5安打1失点。しかし、3点リードして迎えた8回、この回から登板したパットンが青木、山田哲に連打された1死二、三塁で雄平に右翼へ同点の3ランを浴び、1死しか取れずに降板した。9回に5番手・三上がが1死二塁から3連続四球を与えて、サヨナラ負けで2連敗を喫した。

 パットンは前夜も2番手で登板するも4失点で逆転負けを喫しており、この日はベンチに戻るとグラブをたたきつけて悔しがっていた。

 試合後ラミレス監督はパットンについて聞かれると「パットン?彼にとってもチームにとってもタフな展開だった。(連日ブルペン陣が乱調で)明日、どう対応するか考えたい。それ(パットンの役割)も含めて、これから考えたい」と配置転換を示唆。打線に関しては「暖かくなったら主軸に当たりは出てくる。心配はしていない。浜口はいい投球をした。初回を1点に切り抜けたのがよかった」と前向きだった。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年4月3日のニュース