日本ハム斎藤佑樹 あす楽天戦に「オープナー」で今季初先発「逃げないようにしたい」

[ 2019年4月3日 11:54 ]

<楽・日>明日の予告先発・弓削と斎藤が告げられる  (撮影・大塚 徹)                                                                                                                                                      
Photo By スポニチ

 日本ハムの斎藤佑樹投手(30)が4日の楽天戦で今季初先発のマウンドに上がる。3日は楽天生命パーク宮城で登板前日の練習を実施。「やるべきことをやるしかない。(楽天打線は)しっかり振ってくるイメージ。逃げないようにしたい」と表情を引き締めた。

 早実時代に06年夏の甲子園を制するなどアマチュア時代は輝かしい実績を残してプロ入り。11年の入団から2年で計11勝をマークしたが、過去3年はわずか1勝に低迷している。今季は実戦4試合で計11回を3安打1失点と結果を残して中継ぎで開幕1軍入り。3月29日の開幕オリックス戦では2点ビハインドの8回を無失点に抑え、逆転勝利に貢献した。

 当日は先発ローテーションの谷間で、今季は斎藤も最長イニングが3回であることから、先発して打者1巡程度を任される予定。オープン戦の終盤から先発調整を行っていた上原が「第2先発」として待機する予定だ。

 2日の楽天戦で栗山英樹監督(57)は先発の加藤、2番手のバーベイトに3回ずつ任せる栗山流「オープナー」を披露。この日の試合前、同監督は「常識を疑い、もっと何かやり方があるはずだ、と思ってやっている。それがぶれることはない」と言葉に力を込めた。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年4月3日のニュース