楽天・浅村1号の裏で…開幕前の意外な本音「今シーズン、俺、打てるかな」

[ 2019年4月3日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天3-1日本ハム ( 2019年4月2日    楽天生命パーク宮城 )

8回、左翼へ2ランを放つ浅村(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 【記者フリートーク】3月29日の開幕戦。試合開始を2時間後に控え、ZOZOマリンの三塁側ベンチ裏で浅村が不安そうな表情でポツリとつぶやいた。

 「今シーズン、俺、打てるかな…」。浅村ほどの打者が、ここまでナーバスになるとは意外だった。毎年、シーズン初戦は不安に駆られるという。開幕戦の第3打席に右前打を放って移籍後初安打をマーク。試合後、明るさが戻っていた。

 「1本出て、ホンマに良かったわ」。ここまで4試合連続で安打を放ち、待望の1号も飛び出した。本人いわく、まだまだ本調子ではないそうだ。「いいきっかけになるホームランだったと思う」。静かにうなずく姿は、頼もしかった。(楽天担当・重光 晋太郎 )

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年4月3日のニュース