巨人 岡本、今季初の適時打 名前に新元号重なり奮起

[ 2019年4月3日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人9―3阪神 ( 2019年4月2日    東京D )

<巨・神>3回1死二、三塁、岡本が左中間に2点適時二塁打を放つ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 巨人4番の岡本が今季初のタイムリーを放った。2―0の3回1死二、三塁から左中間フェンスを直撃する2点二塁打。貴重な追加点を叩き出し「久々にレフト方向にいい当たりが打てた」と納得の表情を浮かべた。

 名前は和真。新元号の令和にも「和」が入っており「僕の時代が来るんだ、くらいの気持ちでやりたい」と力強く話していた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年4月3日のニュース