日本ハム新技 常識にとらわれない「栗山流オープナー」披露

[ 2019年4月3日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム1-3楽天 ( 2019年4月2日    楽天生命パーク宮城 )

栗山監督(左)が小林k球審に3回無失点の加藤に代えてバーベイトを告げる(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 【追球ズーム ここにFOCUS】試合後、日本ハム・栗山監督は「常識を疑って新しいものが生まれると思ってやってる」と言った。打線沈黙で敗戦も開幕4戦目で先発と2番手に3回ずつ任せる栗山流「オープナー」を披露した。

 マルティネスの故障離脱による先発の駒不足、さらに雪が降るほど寒い仙台が新しい継投策を試みた要因である。加藤は降雪中断もあった中で3回1安打無失点。4回から来日初登板のバーベイトも3回1失点に抑えた。

 昨季3位で指揮官は「同じことをしても優勝できない」とさらに固定観念を捨てた。昨季の加藤は3回までの被打率・246が4回以降は・317。チームには「打順3巡目の壁」に苦しむ先発が多い。首脳陣には今回のような起用法でいいイメージを重ね、先発完投型の投手への成長を促す狙いもある。4日の同戦は同じように成長を望む斎藤と上原に3回ずつを任せる。(山田 忠範)

 ▼日本ハム木田投手チーフコーチ 2人で3回ずつは予定通り。ある程度は本人たちにも言っていた。(いつ伝えたかは)企業秘密です。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年4月3日のニュース