ロッテ・ブランドン 日本球界2370日ぶり登板も2回5失点KO

[ 2019年4月3日 19:14 ]

パ・リーグ   西武―ロッテ ( 2019年4月3日    メットライフD )

<西・ロ>ロッテ先発・ブランドン(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 ロッテの新外国人ブランドンが今季初先発。日本球界でのマウンドはDeNA時代の12年10月6日の巨人戦以来2370日ぶりだったが、2回7安打5失点でKOされた。

 初回に味方失策も絡んでピンチを作り2失点。2回には9番・木村からの4連打に3盗塁と足攻にもあって3点を失った。

 前日には「こうやってロッテと契約できて、開幕から2カード目に起用してもらう。本当に名誉なこと。しっかりしたピッチングをしたい。準備は万端だよ」と話していた助っ人だが、残念ながら結果にはつながらなかった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年4月3日のニュース