ヤクルト 樹理が7回零封、上茶谷に先輩の意地 2安打も

[ 2019年4月3日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト5―2DeNA ( 2019年4月2日    神宮 )

<ヤ・D>1回2死一塁、筒香を見逃し三振に抑えグラブを叩く原(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・原が先輩の意地を見せた。今季初勝利こそ逃したが、7回を3安打無失点。初回2死一塁から4番・筒香を146キロ直球で見逃し三振に仕留めるなど東洋大の後輩である上茶谷を内容で上回った。救援が逆転されても打線が再逆転し「勝って良かった。腕を振れたことが良かった」と振り返った。

 上茶谷が1年時に4年で主将を務めた男は、打席でも「プロの洗礼」を浴びせた。3回に直球を左前にはじき返し、チーム初安打。5回にもカットボールを左前に運び2打数2安打に「打ってやろうと思っていた」と先輩の貫禄を見せつけ、本拠地開幕戦での勝利につなげた。小川監督も「素晴らしい投球」と手放しで褒めた。(黒野 有仁)

 ▼東洋大高橋昭雄前監督(教え子同士の投げ合いを神宮で観戦)原、上茶谷とも本当にいい投球をしてくれた。卒業生がプロの世界で自立していく姿に感動した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年4月3日のニュース