DeNAドラ1上茶谷 初登板初先発7回1失点もプロ1勝スルリ

[ 2019年4月3日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA2―5ヤクルト ( 2019年4月2日    神宮 )

<ヤ・D>4回、先頭打者の青木に左越え先制ソロを浴びる上茶谷(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 7回1失点。DeNAのドラフト1位・上茶谷がプロ初登板初先発でその力を示した。4回に青木にソロを浴びて先制を許したが、失ったのはこの1点のみ。降板直後に味方が逆転して一時勝利投手の権利を手にしたが、2番手のパットンが4失点で逆転負けを喫した。初勝利はお預けとなり「持っている球種で勝負できたのは良かったが、チームが勝たないと意味がない。本塁打の1点を防げていたら違う展開になったかも」と反省した。

 それでも山田哲から3三振を奪うなど、力のある直球とカットボールなど変化球もさえ、東洋大の3学年先輩にあたる原と堂々と投げ合った。ラミレス監督は「想像以上にいい投球。彼に勝ってほしかった」と称えた。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年4月3日のニュース