西武・廖任磊が来日3年目にしてプロ初登板で1回無失点「楽しかった」

[ 2019年4月3日 23:01 ]

パ・リーグ   西武9―3ロッテ ( 2019年4月3日    メットライフD )

<西・ロ>最後を締めた廖(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 巨人から移籍の西武・廖任磊(リャオ・レンレイ)投手が、来日3年目にしてプロ初登板を果たした。

 6点リードの9回に登板。1死からレアードに左前打を許すなど2死一、二塁のピンチを迎えたが、1回を1安打無失点に抑えた。

 「1軍のマウンドは凄い雰囲気もいいし、楽しかった。1球のミスが負けにつながる。日々練習して、いい場面で投げられるようにしたい」とさらなる成長を宣言していた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年4月3日のニュース