広島・野村 仲間信じて初白星!好投の要因は「初回を1失点でしのげたこと」

[ 2019年4月3日 21:15 ]

セ・リーグ   広島3―2中日 ( 2019年4月3日    ナゴヤD )

<中・広>今季初勝利を挙げ、ハイタッチでナインを迎える野村(中)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 広島先発の野村祐輔(29)が今季初登板で初勝利。7回3安打1失点の好投で逆転勝利を呼び込んだ。

 今季初登板の野村は「チームが連敗していたので、何とかいい流れをと思ってマウンドに上がりました。立ち上がりちょっと力が入りましたけど、何とか1点でしのげたところが良かったと思います」と初回のピンチを1失点のみに切り抜けたことを好投の要因に挙げた。

 中日先発・吉見との投げ合いに「すごい投手なので負けないようにと思って臨みました」とコメント。鈴木の逆転3ランについては「本当にうれしかったですし、粘ってピッチングしていれば逆転してくれると信じて投げてました」と語り、9回1死三塁と一打同点となる場面も「中崎を信じて見てました」とチームメートへの信頼を口にした。最後に「いい形で勝てたので次も頑張りたいと思います」と締め、敵地ながら詰めかけたファンの声援に応えていた。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年4月3日のニュース