ソフトB松田宣 適時打×2「何とか食らいついていった」、先発・東浜は4失点も今季1勝

[ 2019年4月3日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク11―4オリックス ( 2019年4月2日    京セラD )

7回1、中前適時打を放つ松田宣(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・松田宣が2本のタイムリーを放った。2回1死一、二塁から中前に先制打、7回にも中前打で計2打点を挙げ「(アルバースは)初対戦でどういう球か分からなかったが、何とか食らいついていった」と振り返った。チームは開幕4連勝と勢いづいており「みんな、いい感じで打てている」とうなずいた。

 今季初先発となったソフトバンク・東浜は、5回を投げ7安打4失点ながら今季初勝利を挙げた。「(5回の3失点は)先頭の四球からの失点だったので一番やってはいけない。反省しかない」と打線の援護に感謝した。工藤監督は「打たれることもある。もったいない四球を反省して、次に生かせるようにしてほしい」と話した。

 ▼ソフトバンク・上林(2回に中越え2点三塁打で、開幕4試合連続安打)去年は8試合まで打ったので、それを超えられるように打ちたい。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年4月3日のニュース