広島 3度のリード守れず、ドラ2島内誤算、起用法再考へ

[ 2019年4月3日 05:30 ]

セ・リーグ   広島4―7中日 ( 2019年4月2日    ナゴヤD )

<中・広>8回裏、勝ち越しを許し、マウンドで舌を出すフランスア=中央(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 広島は三たび優位に立った7回に送り出したドラフト2位・島内が誤算だった。制球が定まらず先頭打者の堂上に四球。犠打処理の一塁送球もワンバウンドになって菊池涼の好捕に救われたほど。2死三塁から平田にも3ボールとしたところで申告敬遠と同時に交代を告げられた。

 「前回と同じ投球にならないようにと思ったけど…。中継ぎをやっている以上、こういう投球をしていたら話にならない」

 初登板だった前回3月30日の巨人戦も1回3四球の乱調。6試合計7回無失点のオープン戦好結果で抜てきされた必勝継投の役割に応えられず、佐々岡投手コーチも「重圧なのか。前回と同じ。ちょっと考える」と起用法の再考に言及した。

 頼みのフランスアも持ちこたえられない。島内を救援した直後は京田に同点打を浴び、回をまたいだ8回は死球や犠打野選で乱れた。1死満塁から痛打され、2死三塁を残して降板。「イニングまたぎは難しくない。打たれることもある。次、頑張る」と前を向いても計33球を投げて今季初黒星が付いたダメージは小さくない。

 3月31日の巨人戦では中崎に黒星が付いたばかり。直近2試合は救援陣が崩れ、計5失策が失点に直結。4年ぶり単独最下位よりも精彩を欠く内容が気がかりだ。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年4月3日のニュース