楽天 本拠地初戦白星!辛島が7回無失点で1勝 浅村は移籍第1号

[ 2019年4月2日 19:45 ]

パ・リーグ   楽天3―1日本ハム ( 2019年4月2日    楽天生命パーク宮城 )

<楽・日>力投する先発・辛島(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 楽天が本拠地初戦を白星で飾った。プロ11年目の先発・辛島航(28)が7回3安打無失点と好投。9回には松井裕樹(23)が1点を失ったものの、3―1で逃げ切った。

 打っては4番の島内宏明(29)が4回1死三塁のチャンスに日本ハム2番手・バーベイトから左前へ適時打を放ち1点先制。8回には浅村栄斗(28)が1死三塁の場面で日本ハム5番手・浦野からレフトスタンドに2ラン本塁打。記念すべき移籍後第1号で勝負を決めた。

 雪の影響で試合が一時中断する中でも辛島は集中力を欠くことなく打者26人に対し104球8奪三振を奪う力投を見せ、今季初登板で初白星を挙げた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月2日のニュース