ヤクルト 樹理、上茶谷との同門対決意識せず DeNA打線警戒

[ 2019年4月2日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト―DeNA ( 2019年4月2日    神宮 )

 ヤクルト・原は同門対決を意識せずに臨む。大学時代の後輩である上茶谷については「直球もそうだが、チェンジアップも凄く良くて、良い投手だなと思っていた」と高く評価しながらも「上茶谷と対戦するわけではないので」と淡々。神経を使うべきはDeNA打線で「何番から何番までがクリーンアップか分からない。特に筒香さん。強気に攻めていきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月2日のニュース