加藤豪将、初のヤンキース傘下3A登録 5日に開幕戦

[ 2019年4月2日 09:10 ]

加藤豪将
Photo By スポニチ

 ヤンキース傘下マイナーの開幕登録メンバーが発表され、加藤豪将内野手(24)が初めて3Aスクラントンに登録された。4日(日本時間5日)に敵地でのブルージェイズ傘下3Aバファロー戦で開幕する。

 加藤は13年のドラフト2巡目で指名されヤ軍に入団。メジャーの次のレベルに位置する3Aでのプレー経験は昨季までなかった。新人リーグや1Aを経て、昨季は初めて2Aトレントンで1年間通じてプレー。118試合に出場し、打率・229、5本塁打、35打点、11盗塁。ユーティリティー選手として内野の4ポジションをまんべんなく守り、左翼でもプレーした。

 今春のキャンプでは、メジャーのオープン戦にバックアップメンバーとして同行し、初出場も果たした。主に中盤以降の登場ながらオープン戦計8試合に出場し、10打数1安打。田中将大投手が登板した試合で、二塁手として後ろを守る機会もあった。

 ヤンキースは開幕早々、故障者が相次いでいる。交代要員として1日には傘下3Aからクリント・フレージャー外野手(24)と、タイラー・ウェード内野手(24)がメジャー昇格した。(ニューヨーク・後藤 茂樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月2日のニュース