中日 渡辺がプロ初打点「まだヒットじゃないけど、良いきっかけになれば」

[ 2019年4月2日 23:25 ]

セ・リーグ   中日7―4広島 ( 2019年4月2日    ナゴヤD )

 中日・渡辺がプロ初打点をあげた。8回、阿部の2点打で6―4と勝ち越し、なおも1死二、三塁から中堅へ犠牲フライ。三塁走者の高橋が生還し、貴重な追加点となった。「阿部さんが打ってくれて良い状態で回してくれた」と渡辺。

 ただ、プロ初安打はまだ出ておらず、記念のボールは受け取っておらず「まだヒットじゃないけど、良いきっかけになれば」と話した。

 世界の本塁打王、王貞治氏のような1本足打法が特徴で、工藤外野守備走塁コーチからは「王さん」と呼ばれる。今季から支配下登録を勝ち取った苦労人が、次回こそHランプの点灯を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月2日のニュース