マエケン 次戦6日の登板に向けキャッチボール、打撃練習などで精力的に体動かす

[ 2019年4月2日 21:39 ]

 ドジャースの前田健太投手(30)が1日(日本時間2日)、本拠地ドジャースタジアムでのジャイアンツ戦前にキャッチボール、室内トレーニング、投手陣による打撃練習などで精力的に体を動かした。

 3月30日の本拠地ダイヤモンドバックス戦で7回途中3失点で今季初勝利をマーク。次回登板は4月5日(同6日)の敵地ロッキーズ戦で先発する見込みだ。ジ軍戦は先発のウリアスが5回無失点と好投したものの、新加入の2番手ケリーが1回2/3を4安打4失点と乱れ、2―4で逆転負けを喫した(ロサンゼルス・奥田秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月2日のニュース