中日・阿部 代打で千金V打!与田監督起用に応えた「ほとんど覚えてないが、“落ちてくれ”と願っていた」

[ 2019年4月2日 21:35 ]

セ・リーグ   中日7-4広島 ( 2019年4月2日    ナゴヤD )

勝ち星を挙げた祖父江(左)と決勝打を放った阿部は、お立ち台で笑顔でポーズを決める(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日・与田監督は広島とのナゴヤD開幕戦で7-4と競り勝ち、「よく準備してきた選手を使うと決めていた。いい形で終えることができてよかった」と選手に感謝した。

 代打起用が当たった。4-4の8回1死満塁、与田監督はこの日無安打の加藤に代え代打に阿部を送り、中前へ勝ち越しの2点適時打。阿部は「前に飛んでくれと思っていた。ほとんど覚えてないが、“落ちてくれ”と願っていた」と千金の一打を振り返った。

 3番手で登板した祖父江は、リーグ4連覇を目指す広島の4番・鈴木を三振で抑え今季初白星。「昨シーズンは中継ぎが迷惑をかけた。今年は中継ぎ陣が引っ張りたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月2日のニュース