巨人・丸、待望の移籍後1号!本拠開幕戦で本領発揮「一発で仕留められた」

[ 2019年4月2日 19:31 ]

セ・リーグ   巨人―阪神 ( 2019年4月2日    東京D )

5回無死、丸が右越えに移籍後初となる今季第1号ホームランを放つ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 巨人の丸佳浩外野手(29)が待望の移籍後第1号を放った。

 5回の先頭で打席に入った丸は、阪神の2番手・馬場の初球スライダーが甘く入ったところを逃さず。打球は巨人ファンの待つ右翼席に飛び込んだ。

 初回の第1打席では先制の適時二塁打を放った丸。2年連続セ・リーグMVP男が本拠開幕戦で本領を発揮。「まだまだ、どんどん点をとっていきます!頑張ります」とコメントした通りの活躍となった。

▼丸 打ったのはスライダー。1球目からしっかりとしたスイングを心がけて打席にはいりました。初球を一発で仕留められて良かったです。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月2日のニュース