東邦の二刀流・石川 森田監督還暦祝いに平成ラストV「プレゼントに」

[ 2019年4月2日 05:30 ]

第91回選抜高校野球大会準決勝   東邦―明石商 ( 2019年4月2日    甲子園 )

打撃練習をする東邦・石川(撮影・後藤 大輝)  
Photo By スポニチ

 愛知・東邦の投打二刀流・石川主将が、最多5度目の優勝での前祝いを誓った。4日は森田泰弘監督の60歳の誕生日。日程通りなら、3日が決勝戦で「大会前から優勝を監督さんの誕生日プレゼントにしようと話してきました」。チームは明石商の2年生エース中森対策で150キロに設定した打撃マシンで打ち込んだ。平成元年に優勝しており、森田監督も「平成最後もぜひうちが(優勝)という気持ちでやってきた」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月2日のニュース