日本ハムのドラ5・柿木 2軍戦に登板、制球定まらず1回3失点…予定の3回投げられず

[ 2019年4月2日 15:50 ]

イースタンリーグの巨人戦に登板し1回3失点を喫した柿木
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト5位・柿木が2日、イースタンリーグの巨人戦に2番手で登板。1回を投げ1安打3失点(2自責)だった。

 制球が定まらなかった。先頭の和田恋を一塁の失策で出塁させると、2四死球で満塁。2つの押し出し四球などで3失点を喫した。計4四死球で1イニングに46球を費やし、当初予定していた3イニングを投げきることができずに降板した。

 柿木はここまで公式戦2試合4イニングに登板し1安打1失点。順調だっただけに悔しい1戦となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月2日のニュース