ロッテ・藤原 2試合ぶりスタメン出場も無安打「しっかり切り替えて、また勉強したい」

[ 2019年4月2日 22:37 ]

パ・リーグ   ロッテ4―7西武 ( 2019年4月2日    メットライフD )

<西・ロ>2回2死満塁、空振り三振に倒れる藤原(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 2試合ぶりにスタメン出場したロッテのドラフト1位・藤原は、4打数ノーヒットに終わった。

 2回2死満塁の先制のチャンスでは、西武先発・ニールの低めの変化球を2球続けて空振り。最後は3球目の145キロのシュートに空振り三振に倒れた。

 その他の3打席は内野ゴロに終わり「単純に力がないんです」と藤原。

 3月29日の楽天との開幕戦でプロ初安打をマークしたが、以降は10打数連続ノーヒットで打率・071。黄金ルーキーは「しっかりフォームを修正してやるだけ。しっかり切り替えて、また勉強したい」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月2日のニュース