“脅威の2年生”明石商・来田「悔しい気持ちしかない」夏へ「一振り一振りが大事ということを学んだ」

[ 2019年4月2日 16:58 ]

第91回選抜高校野球大会第10日第2試合 準決勝   明石商2―4東邦 ( 2019年4月2日    甲子園 )

<東邦・明石商>決勝進出ならず表情を曇らせる明石商・来田(撮影・北條 貴史) 
Photo By スポニチ

 明石商を初4強に導いた来田はネクストバッターズサークルで、最後の打者・中森が空振り三振に倒れた瞬間を見届けた。ベンチ入りメンバーの中で2年生は2人だけ。宿舎も同室で信頼を寄せる間柄の中森が、123球を投げ8回4失点完投したが援護できず、悔しさを押し殺しながら複雑な胸中を語った。

 「(9回2死で次打者の場面は)最後まで、絶対に回ってきてほしいと思っていました。中森が頑張って投げてくれていたのに…。点を取れなかった僕たちが悪い。悔しい気持ちしかないです」

 3月31日の準々決勝・智弁和歌山戦では、史上初の先頭打者本塁打&サヨナラ本塁打を放った脅威の2年生。しかし、この日はプロ注目の東邦・石川の前に3打数無安打に封じられ、「自分の思っていた投手と少し印象が違った。変化の制球力や質が違い修正できなかった」と悔やんだ。

 「大会を通して一振り一振りが大事ということを甲子園で学んだ」と来田。勝負の夏を見据え、敗戦を糧にする。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月2日のニュース