ソフトB、零封リレーで快勝!オリ・ディクソン、1イニング4奪三振のプロ野球タイ記録も

[ 2018年7月8日 16:03 ]

パ・リーグ   ソフトバンク8―0オリックス ( 2018年7月8日    京セラD )

<オ・ソ>3回2死一塁、右越え特大2ランを放つ柳田(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクが同率4位で並んでいたオリックスに15安打8得点で快勝。先発のバンデンハークが7回を2安打無失点に抑える快投を見せると、二保、寺原とつないで無失点でリレーした。

 打線は3回1死一、三塁から中村晃の中犠飛で先制し、なお2死一塁から柳田が右翼席上段へ飛び込む特大の20号2ランを放って加点。4回に市川の適時二塁打、6回には西田の3試合連発となる左越え3号2ランで6―0とリードを広げ、9回には中村晃、高田の適時打で2点を加えてダメを押した。

 オリックスはわずか4安打と打線が振るわず2連敗。先発・西は6回途中11安打6失点と打ち込まれ、今季7敗目を喫した。3番手で登板したディクソンは8回にプロ野球タイ記録となる1イニング4奪三振を記録。松田、西田を連続で空振り三振に斬ると、続く牧原は振り逃げを許し、代打の長谷川勇を空振り三振に仕留めてプロ野球23人目の珍記録となった。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2018年7月8日のニュース