日本ハム・清宮、9日1軍再合流!栗山監督「限定的なものになるかも」も「良ければ登録」

[ 2018年7月8日 19:51 ]

イースタン・リーグ、ヤクルト戦の第1打席、空振り三振に倒れて悔しそうにベンチに戻る日本ハム・清宮
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(19)が、9日のソフトバンク戦(東京ドーム)で1軍に再合流することが決まった。

 8日にZOZOマリンで行われたロッテ戦後、栗山監督が「東京ドームに呼んで様子を見る。前半戦は残り2試合しかないし、極めて限定的なものになるかもしれない。良ければ登録する。入れる枠があるから」と明かした。最大28人までの登録枠は現在27人。練習参加後、そのまま出場選手登録される可能性がある。

 清宮はイースタン・リーグ、ヤクルト戦(鎌ケ谷)に「3番・DH」でフル出場。3打数無安打3三振で「なかなかバットが出てこないというか、差されたなという感じ」と反省していた。ここまでイースタン・リーグトップの15本塁打を誇る長距離砲。5月2日から約1カ月の1軍生活では21試合で打率・179、1本塁打と振るわなかったが、再昇格となった場合、その打撃に再び注目が集まる。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2018年7月8日のニュース