防犯カメラに姿 巨人 柿沢 契約解除 阿部、坂本、菅野らの用具盗み不正売却 約100万円得る

[ 2018年7月8日 05:30 ]

巨人の柿沢外野手
Photo By スポニチ

 巨人は7日、チームメートの野球用具を盗み、売却する不正を行っていたとして柿沢貴裕外野手(23)との契約を同日付で解除したと発表した。

 球団によると柿沢外野手は5月2日〜6月21日にかけて12回にわたり、川崎市のジャイアンツ球場のロッカーから約110点という大量の野球道具を盗み出した。練習用に置かれていた阿部や坂本勇らのバット約40点、菅野、岡本らのグラブ二十数点、亀井らのユニホーム30点、スパイク数点などで、これらを都内2カ所の中古ブランド品買い取り専門店に売却。約100万円を得ていた。本人は「1軍選手の方が高く売れる」と話したという。

 6月下旬になって、一部選手がネットオークションに出品されていることに気づき、球団に相談。ロッカーの防犯カメラの映像に柿沢外野手が盗み出す姿が写っており、7月上旬に本人に事情を聴取したところ関与を認めた。柿沢外野手は推定年俸500万円。高級外車の維持費など前所属の楽天時代から消費者金融に借金があり、今年結婚したことでさらに生活費に困窮。不正に手を染めた。

 柿沢外野手は球団の調査に「ライバルであり、仲間だと思って一緒にやってきた選手を裏切ってしまい、申し訳ありませんでした」と話したという。被害届は出していないが、神奈川県警多摩署に窃盗の被害相談は行っている。球団は「支配下選手がこのような不正を行い、遺憾に思います」とコメント。巨人は防止策として、私生活全般の相談窓口の開設などを検討している。

 ◆柿沢 貴裕(かきざわ・たかひろ)1994年(平6)7月30日生まれ、鹿児島県出身の23歳。神村学園では3度甲子園に出場。12年ドラフト6位で楽天に入団。16年12月に小山雄輝とのトレードで巨人に移籍した。1軍出場なし。1メートル80、86キロ。右投げ左打ち。今季年俸は500万円。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月8日のニュース