【福島】福島、15点圧勝で2年ぶり初戦突破 3番・渡邊「気持ち良く」2安打3打点

[ 2018年7月8日 12:50 ]

第100回全国高校野球記念福島大会1回戦   福島15―0好間 ( 2018年7月8日    県営あづま球場 )

<福島・好間>先制2点打を含む2安打3打点で打線をけん引した渡邊
Photo By スポニチ

 県内屈指の進学校・福島が2年ぶりに初戦を突破した。3番の渡邊大輝(3年)が初回の先制2点打に続き、3回にも中越えタイムリー三塁打を放つなど2安打3打点。15得点の5回コールド勝ちに導いた。

 渡邊は「前の2打席とも自分のスイングができなくて気持ち悪かった。(三塁打は)気持ちよく、きれいにフォロースルーができた」と振り返った。八巻勤監督(46)は「チームの中心ですし、最後にしっかり捉えた当たりもあった」と主砲の活躍に目を細めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月8日のニュース