【西東京】筑駒 元東大野球部で銀行員から転身 55歳監督 初陣は黒星

[ 2018年7月8日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権西東京大会1回戦   筑波大駒場4―12都町田工 ( 2018年7月7日    多摩一本杉 )

筑波大駒場の朝木監督
Photo By スポニチ

 筑波大駒場は7回コールド負け。今春に就任した元東大野球部出身、朝木秀樹監督は、夏初陣を白星で飾れなかった。

 都町田工相手に初回に先制したが、2回に4失点するなど12失点。銀行員から高校野球監督に転身した55歳の指揮官は「四死球や失策から走者をためて打たれる負けパターンが出てしまった」としながらも「打ち勝つチームを目指す」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月8日のニュース