中日 鈴木博が初セーブ 森監督の助言で修正「イメージがつくりやすかった」

[ 2018年7月8日 05:30 ]

セ・リーグ   中日3―0ヤクルト ( 2018年7月7日    ナゴヤD )

今季9勝目を挙げたガルシア(左)とプロ入り初セーブを挙げた鈴木博は、お立ち台で笑顔のグータッチ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日のドラフト1位・鈴木博がプロ初セーブを挙げた。3点リードの9回、先頭・バレンティンに中前打を許したが、最速151キロの直球で押し、後続を仕留めた。「いつもと変わらず3つのアウトを取ることを心がけた。こうしてゼロに抑えられて良かった」と笑顔で汗を拭った。

 開幕から9試合連続無失点と好調なスタートだったが、交流戦に入って一転。防御率は一時4点台まで悪化したが、リーグ戦再開後は6試合連続無失点と上昇してきた。この日の練習中に森監督から投球時にタメをつくるヒントをもらい「イメージがつくりやすかった」と好投につなげた。

 不振の守護神・田島の代役として期待は大きい。「抑えは特別なポジション。奪うというより監督、コーチにまた任せてもらえるようになりたい」と表情を引き締めた。 (徳原 麗奈)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月8日のニュース