【西東京】東西東京大会初 都羽村 タイブレークでサヨナラ勝ち

[ 2018年7月8日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権西東京大会1回戦   都羽村2―1都福生 ( 2018年7月7日    多摩一本杉 )

サヨナラ勝ちで大喜びの都羽村ナイン
Photo By スポニチ

 都羽村が開幕した東西東京大会で初めてタイブレークに突入する激闘を制した。延長12回で決着がつかず、13回無死一、二塁で開始。1番・高野が右翼へサヨナラ犠飛を打ち上げた。夏の大会に今年から採用されたタイブレーク制度。井上雅章監督は「まさかタイブレークまでもつれこむとは…。運もよかった」と汗を拭った。

 都福生とは直線距離で約4キロの「ご近所さん」だ。練習試合もする仲で、お互いの手の内は知り尽くしているため「当たりたくなかった」と指揮官は苦笑いする。5回以降はお互いにスコアボードに0を並べる我慢の展開。それでもナインは諦めず「勝つならタイブレークしかない」と執念で3年ぶりの夏の初戦突破を果たした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月8日のニュース