【熊本】シードの八代東 V打&好投、園田の活躍で初戦突破

[ 2018年7月8日 19:25 ]

第100回全国高校野球選手権記念 熊本大会1回戦   八代東3―1玉名工 ( 2018年7月8日    山鹿市民 )

8回途中1失点に抑えた、八代東・園田(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 シード校の八代東が接戦を制した。先発左腕の園田が7回まで1点で抑えると、1―1の8回には打撃で魅せた。2死一、三塁から左前に決勝打を放った。「自分がチャンスで回ってくれば、打ってやろうと思った」と胸を張った。

 園田は8回に2死から死球、四球とピンチを与えて2年生右腕のの丸山に交代。「お前しか抑えれんけん、抑えてこい」とマウンド付近でメッセージを送り、ベンチから戦況を見つめた。

 丸山は「緊張したけど、先輩のミットを目がけて投げようと思った」と後続を斬り、9回も抑えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月8日のニュース