【神奈川】日大高 投打で圧倒 次戦は強豪・慶応高「負けない野球、勝ち抜く覚悟はあります」

[ 2018年7月8日 18:07 ]

第100回全国高校野球選手権・北神奈川1回戦   日大高9―1大師 ( 2018年7月8日    横浜 )

 1回戦屈指の好カードは日大高が投打で圧倒した。初回に3安打で3点を先行すると3、4回にも追加点を奪い試合を決めた。

 「今年のテーマは全員野球。初回は四球も絡めて点が取れた」と主将の西ノ坊廉太郎捕手(3年)。渥美陸(日体大)池谷蓮(日大)ら打力自慢の昨夏と比較し、今年は小粒ながら機動力を絡めた集中打が武器だ。勢いを付け2回戦は今春のセンバツ出場・慶応高と激突する。「打線をどう抑えるか考えています。負けない野球、勝ち抜く覚悟はあります」。西ノ坊はジャイアントキリングに闘志を燃やした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月8日のニュース