【北福岡】星琳 注目捕手の西田主将涙、延長好機に凡退「あそこで…」

[ 2018年7月8日 23:26 ]

第100回全国高校野球選手権記念 北福岡大会1回戦   星琳1―2希望が丘 ( 2018年7月8日    桃園 )

 星琳の注目捕手・西田佳矢主将(3年)が延長の末、散った。試合後、とめどなくあふれる涙を流しながら「チーム一丸となって、試合が楽しいと感じ始めたところだった。これで3年間が終わるのは悔しい」と嗚咽(おえつ)をもらした。

 主将で捕手で4番。チームの大黒柱として支えてきたが10回1死二塁の好機に回ってきた打席で凡退し「あそこで打てていれば…」と悔やんだ。

 3年間を共に歩んだ仲間には「ありがとうってそれだけです」と心から感謝。今後も野球を続けていきたいと希望しており「自分も飯田(信吾)監督みたいに、こういうチームを作って甲子園に行けたら」と話し、指導者として聖地を目指すことを誓っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月8日のニュース