【北福岡】希望が丘 延長で競り勝つ 殊勲の峰隼佑「みんなの応援が力になってしっかり振り抜けた」

[ 2018年7月8日 17:38 ]

第100回全国高校野球選手権記念 北福岡大会1回戦   希望が丘2―1星琳 ( 2018年7月8日    桃園 )

延長11回の激闘の末、勝利し喜ぶ希望が丘
Photo By スポニチ

 両チームともに投手が安打を浴びながらも要所を抑え、バックも好守で盛り立てる。延長に突入した1点を争う好ゲームは、希望が丘が11回に奪った勝ち越し点を守り切って勝利をつかんだ。

 殊勲打を放ったのは5番打者の遊撃手・峰隼佑(3年)。11回2死二塁で勝負を決める適時打を振り返り「打ったのはまっすぐ。みんなの応援があったからしっかりバットを振り切れて打球が内野の頭を越えた」と興奮気味に話した。

 チームは甲子園出場を目標にしている。「アップから声をしっかり出すようにしている。声が出ているので緊張がほぐれたと思う」と雰囲気の良さを口にし、次戦に向け「最後、キレイなヒットではなかったので次はキレイに打てるように頑張りたい」。気持ち良く汗をぬぐった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月8日のニュース