【滋賀】創部順に入場行進 トップバッターは明治27年の彦根東

[ 2018年7月8日 11:50 ]

 第100回全国高校野球選手権記念滋賀大会の開会式が8日、大津市の皇子山球場で行われた。高校野球100回目の夏を記念し、創部順に入場行進。歴史を感じさせるユニークな取り組みが行われた。

 県内で最も古い1894年(明27)の創部で、前年優勝の彦根東が先頭を切って姿を見せると、学校統合で新設された2016年(平28)創部の長浜北までの50チームが、曇り空の下、きびきびとした動きでグラウンドを歩いた。

 開幕日は1回戦2試合を予定。安曇川―滋賀学園、彦根工―石山が行われる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月8日のニュース