中日 逆転勝ちで連勝 先発・吉見はナゴヤDのヤクルト戦9連勝

[ 2018年7月8日 17:00 ]

セ・リーグ   中日5―4ヤクルト ( 2018年7月8日    ナゴヤD )

<中・ヤ>力投する吉見(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日がヤクルトに5―4で逆転勝ちして2連勝。ヤクルトは5連敗となった。

 中日は1―3と2点を追う6回、1死から大島、京田、平田の3連打で1点差として5回まで2安打と抑えられていた左腕・石川を降板に追い込むと、2番手・原に代わった2死二、三塁からアルモンテが左中間へ2点適時二塁打を放って4―3と逆転。7回には3番手の星から大島の中前へポトリと落ちる二塁打で1点を加えて最後は1点差で逃げ切った。

 ヤクルトは8回、代打・山崎が安打で出塁し、続く大島の左中間二塁打で1点を返し4―5としたが、そこまでだった。

 中日の先発・吉見は7回で91球を投げ、7安打3失点で今季3勝目(2敗)。ナゴヤドームでのヤクルト戦は2011年9月22日から9連勝となった。ヤクルトの先発・石川は好投報われず、3敗目(4勝)を喫している。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月8日のニュース