PR:

【滋賀】滋賀学園 プロ注目右腕・宮城が快投 7連続含む5回9K零封

第第100回全国高校野球選手権記念滋賀大会1回戦   滋賀学園9―0安曇川(7回コールド) ( 2018年7月8日    皇子山球場 )

<滋賀学園・安曇川>滋賀学園・宮城は7連続を含む9三振を奪う快投を見せた
Photo By スポニチ

 滋賀学園が安曇川に9―0(7回コールド)で勝ち、開幕戦を制した。プロ注目の最速141キロ右腕、滋賀学園・宮城滝太投手(だいた、3年)が先発して5回1安打9奪三振。初回1死から3回2死まで大会タイ記録となる7連続三振もあった。

 プロは西武、日本ハム、オリックス、広島、ヤクルト、巨人の6球団が視察。直球は平均135キロ前後で、最速139キロをマーク。キレの良さと制球のまとまりが光った。

 身長1メートル80、体重69キロのすらっとした体型で手足も長い。腕の振りは柔らかく、鋭く縦に落ちるスライダーが直球以外の決め球になった。昨春センバツで甲子園のマウンドに立ち、更なる飛躍を目指す高校ラストイヤー。沖縄出身の好素材は「相手にオーラを感じさせる投球をしたい」と、チーム9年ぶりの夏の甲子園を目指す。

[ 2018年7月8日 14:16 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:07月22日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム