メンディー&樽美酒超えは?稲村亜美 始球式大暴投も「130キロくらいかな」

[ 2018年7月8日 14:10 ]

パ・リーグ   ロッテ―日本ハム ( 2018年7月8日    ZOZOマリン )

<ロ・日>ファーストピッチセレモニーに登板した稲村亜美(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 タレントの稲村亜美がZOZOマリンの「J:COMスペシャルデー」ロッテ―日本ハム戦の始球式に登場。赤いユニホームでマウンドに立ち、ロッテの井上に対して投球したが高めに大きく外れてしまった。「今年は初めての(プロ野球での)始球式だったので力みました」と残念そう。

 タレントの始球式では、6月5日の巨人―楽天戦(東京ドーム)の始球式で「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の関口メンディーが133キロを記録。6月27日の西武―オリックス戦(メットライフドーム)の始球式では「ゴールデンボンバー」の樽美酒研二が、プロ顔負けの135キロをマークし、話題となっていた。

 投球が逸れて球場に球速は表示されなかったが、稲村は「感じとしては130キロくらいは行っていたかな」と笑い、「男性に負けないようにミニキャンプを行いたいですね」と汗を拭っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月8日のニュース