阪神・福原 ガクッ2点献上 スクイズ警戒していたが…

[ 2014年7月27日 05:30 ]

<広・神>8回1死二、三塁、ツーランスクイズを決められぼう然とする(右から)ゴメス、福原

セ・リーグ 阪神5-7広島

(7月26日 マツダ)
 阪神・福原が5―5の8回に登板し、2点を献上してしまった。

 先頭の会沢に中前打を許すと、代打・木村にストレートの四球。堂林の犠打で1死二、三塁とされ、菊池に2ランスクイズを決められた(記録は一安)。スクイズは警戒していたが、相手の執念が上回った。前夜に500試合登板を達成したベテラン右腕は「カウントを悪くしてしまった」とうなだれた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月27日のニュース