原監督 大竹を称賛「昨日のものとは意味が違う」

[ 2014年7月27日 18:05 ]

<中・巨>原監督は試合後、勝利投手の大竹(左)に声をかける

セ・リーグ 巨人2―1中日

(7月27日 ナゴヤD)
 中日との同一カード3連敗を免れた巨人・原監督は連敗ストッパーとなった先発大竹に賛辞を送った。

 「変化球に頼らずに攻めていた。彼の良さが出た」と満足な表情を浮かべ、昨日同様に先発投手が初回に複数の四球を与えたことについても「昨日のものとは意味が違う」と、内海との投球内容の違いを強調した。

 8回から登板した2番手の山口についても「しっかりとストライクを投げ込めるのは見事」と評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月27日のニュース