広島・菊池 2ランスクイズ 4時間6分死闘制した

[ 2014年7月27日 05:30 ]

<広・神>8回1死二、三塁、一塁側にスクイズを決める菊池

セ・リーグ 広島7-5阪神

(7月26日 マツダ)
 8回、上本の一発で2点リードを吐きだした。前田健で負けた前夜と同じ嫌な展開。だが、続けて同じように負けはしない。直後、持ち味を見せた。いかにも広島らしい“飛び道具”を―。

 先頭・会沢が安打で出て、送りバントを意図した代打・木村が四球を選んで無死一、二塁。二塁走者に代走・赤松が入り、堂林が犠打を決める。1死二、三塁で菊池の打席。1ボール1ストライクからの3球目だった。

 福原の直球をバント。一塁のゴメスが処理にもたつき、菊池が安打で生きる間に、二走の木村も一気に本塁へ還った。会心の2ランスクイズ。好判断の木村は「内野が前進守備でリードオフが取れるし、捕手も前に出て条件は揃っていた。あわよくばという気持ち。キクのバントあってこそだけど、最高の仕事」と胸を張り、菊池も「バントはボクの仕事ですから。キムさんがよく走ってくれた」と笑った。

 その瞬間、ベンチでは野村監督のガッツポーズがあった。「地味だけど最高の勝ち方。いいリズムで点が取れた」。7回に33号ソロを放ったエルドレッドを軸に、ここまでチーム本塁打で両リーグトップを行く。その大技に加え、広島伝統の小技がかみ合った。指揮官は「勝てば疲れが違う」と、4時間超の試合にしみじみ言った。

 ▼広島・エルドレッド(33号ソロを含む3安打3打点)非常にいい安打を打てた。本塁打はストライクを積極的に打っていった結果だ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月27日のニュース