春日部共栄 エース金子耐えた1失点完投

[ 2014年7月27日 05:30 ]

<春日部共栄・大宮東>勝利の瞬間の春日部共栄・エース金子

埼玉大会準決勝 春日部共栄3―1大宮東

(7月26日 県営大宮)
 春日部共栄はエース左腕・金子が大宮東打線に10安打されながら1失点完投し、3年ぶりの決勝へ進んだ。6回には「イチかバチかのグラブトス」が決まってスクイズを封じるなど8回まで0―0でしのぐと、9回に打線が3点を奪った。9年ぶりの甲子園に王手。本多利治監督は「チームは凄く我慢強くなった。あすもいつも通りやる」と、27日の市川越との決勝戦に切り替えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月27日のニュース